タトゥー除去を考えている方へ

若気の至りから気楽な気持ちでタトゥーを入れたはいいけれど、年月がたちこのタトゥーが思わぬ生涯になってしまって、タトゥー除去をしようと考えている人もいると思います。

タトゥーは入れるときよりも、除去するときのほうが、はるかに痛みを伴うと言われています。

多角的な視点から池袋の医療脱毛で満足情報を検索しましょう。

では、実際タトゥー除去はどうなのでしょうか。



レーザーで焼く場合、輪ゴムで軽く弾かれる程度の痛みはありますが、麻酔クリームなどで軽減できます。

それでも痛みに弱い人は、局所麻酔を用います。回復にかかる時間は、ヒリヒリとした痛みは2・3日で消え、赤みは2~4週間程度で消えます。

組織が元に戻るまでは4~8週間程度かかります。
傷跡は、黒一色で浅い物の場合は綺麗に除去できますが、色や程度によっては肌の色より白っぽくなることがあります。


アブレーションによるタトゥー除去の場合だと、痛みは除去中は麻酔を使用するため痛みはありませんが、終了した後傷口がうずくころがあります。



回復時間は個人差はありますが半年~1年程度かかります。

傷跡はあざややけどのような傷跡が残ります。

皮膚移植をする場合、痛みや回復にかかる時間は基本的にアブレーションと同じですが、移植元・移植先共に傷跡が残り、特に移植先にやけどのような跡が残り、ケロイド状として残りやすいです。何種類かタトゥー除去方法はありますが、いずれも痛みはありますし、治るまでにも時間と費用がかかります。

きちんと綺麗に除去するためにも、病院の下調べをきちんとしてから施術を受けましょう。