刺青除去の方法について詳しく説明します

刺青除去をする方法は、最近はレーザー照射による除去法が一般的です。

刺青の染料は基本的に黒色や青色がほとんどなので、この色に反応するレーザーを照射していきます。

ただし、刺青の種類によって除去の仕方や期間は変わってきます。

例えば、素人の人がワンポイントで自分で彫ったようなものは、染料の量も少ないですし、皮膚の表面しか染料が入っていないので、数回のレーザー照射で完了します。

あともほとんど残りません。

池袋の医療脱毛で満足情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

しかし、プロの刺青の彫師が彫った場合の刺青は、10回ぐらい照射しないときちんと消えません。

なので、除去期間も1年以上かかることもあります。

和製の刺青は、皮膚の深い部分にまで染料が入りこみ、しかも染料の量が多いので、それだけ時間がかかるのです。西洋の刺青に関しては、黒色や青色以外の染料を使用しており、種類もたくさんあります。
なので、数種類のレーザー機器を使い、色素が薄い色にも照射できるようにします。

最近のレーザーは、刺青除去のために、皮膚侵襲刺激が軽くなるように作られています。
さらに、肌への負担をできるだけ少なくすることで、除去後の炎症で色素が沈着するのを軽くしてくれます。

産経ニュースの情報が必要なタイミングで手に入ります。

刺青が広範囲であっても治療できますし、手術で除去するときの、傷口が開いたり、抜糸をしなければならないなどの心配はありません。

通院しなくても良いので、入院する必要もありません。



ただ、刺青除去の前に肌をできるだけ焼かないように注意する必要があります。